研究業績

論文

  1. 国府田良樹・永瀬卓也・飯泉克典, 2008. 北茨城市五浦海岸産Carcharodon megalodon歯群のクリーニング, 茨城県自然博物館研究報告, 11, p.63-68.
  2. 飯泉克典・国府田良樹・小池 渉・西本豊弘・安藤寿男・伊達元成, 2010. 茨城県西部花室川河床礫層より産出した後期更新世末期のニホンアシカ化石, 地質学雑誌, 116 (5), p.243-251.
  3. 飯泉克典・国府田良樹・安藤寿男, 2013. 茨城県霞ヶ浦西部花室川河床砂礫層より産出した後期更新世末期のシカ科化石, 茨城県自然博物館研究報告, 16. p.15-22,pl.1.

学会発表(国内)

  1. 飯泉克典・国府田良樹・小池 渉・西本豊弘・安藤寿男, 2010. 茨城県霞ヶ浦西部花室川河床礫層より産出した更新世末期のアシカ科化石. 日本古生物学会第159回例会講演予稿集,ポスターセッション, P14, p.51.
  2. 飯泉克典・安藤寿男・国府田良樹・小池渉. 2011. 茨城県霞ヶ浦西部花室川河床より産出する更新世末期の哺乳類化石群. 日本古生物学会第160回例会講演予稿集, ポスターセッション, P35, p.64.
  3. 国府田良樹・小池 渉・永瀬卓也・三枝春生・安藤寿男・飯泉克典・髙橋修一・長谷川善和. 2011. 山形県鶴岡市から発見された中期中新世長鼻類Stegolophodon属のボーンベッド. 日本古生物学会第160回例会講演予稿集, ポスターセッション, P31, p.62.
  4. 国府田良樹・小池 渉・三枝春生・岡村喜明・安藤寿男・飯泉克典・宮谷忠夫. 2012. 石川県輪島市下部中新統産Stegolophodon属(長鼻目,哺乳綱)の臼歯化石の再検討. 日本古生物学会第161回例会講演予稿集, ポスターセッション, P28, p.54.
  5. 国府田良樹・小池 渉・三枝春生・安藤寿男・飯泉克典・星加夢輝・長谷川善和・鈴木久仁博, 2012. 茨城県常陸大宮市から発見された中新世長鼻類Stegolophodon属頭蓋化石. 日本古生物学会2012年年会講演予稿集, 口頭発表, A06w, p.16.
  6. 国府田良樹・三枝春生・安藤寿男・飯泉克典・長谷川善和・高橋修一. 2013. 日本の中新統産Stegolophodon属(長鼻目)の頭蓋化石. 日本古生物学会2013年年会講演予稿集, 口頭発表, A14w, p.18.
  7. 薗田哲平・国府田良樹・平山 廉・安藤寿男・飯泉克典. 2013. 茨城県常陸大宮市の下部中新統玉川層より産出したスッポン類化石. 日本古生物学会2013年年会講演予稿集, A15m, p.18.
  8. 長谷川善和・国府田良樹・鈴木久仁博・飯泉克典・加藤太一・利光誠一・中島 礼・兼子尚知・安藤寿男. 2015. 茨城県下のナウマンゾウ化石. 日本古生物学会2015年年会予稿集, ポスター発表, P02, p.37.
  9. 飯泉克典・国府田良樹・鈴木久仁博・安藤寿男・飯塚光敏・長谷川善和. 2015. 茨城県鹿嶋市の下総層群木下層(中部更新統)より産出したナウマンゾウの切歯化石. 日本古生物学会2015年年会予稿集, ポスター発表, P03, p.37.

学会発表(国際)

  1. Koda Yoshiki, Saegusa Haruo, Ando Hisao and Iizumi Katsunori, 2013. The first nearly complete skull of Stegolophodon (Stegodontidae, Proboscidea) from the lower Miocene of Japan. Society of Vertebrate Paleontology Annual meeting program and abstracts, poster presentation, P96, p.156.

 

[メンバー紹介(飯泉克典)へ戻る]

[ページ先頭へ戻る]