8.花室川の第四紀末哺乳類化石

霞ヶ浦沿岸花室川流域の旧石器時代の哺乳類化石群集の起源

(キーワード:第四紀,更新世末期,大型哺乳類化石,花室川,河川堆積物)

概要: 霞ヶ浦に流下する花室川の河床に僅かに残されている更新世末期(3.5~2万年)の河川堆積物から産出する大型哺乳類化石(ナウマンゾウ,シカ,アシカなど)の起源について,堆積学的な検討を行っている.

基盤研究(A) 霞ヶ浦沿岸花室川流域の旧石器文化の研究(研究代表者:西本豊弘 国立民俗歴史博物館:平成21-23年度)

 国立歴史民俗博物館 平成22年度共同研究:旧石器時代の環境変動と人間生活

 論文: A-33, 36

花室川全景.つくば市 花室川の河床堆積物から産出したニホンアシカ化石.年代は第四紀末期の3万年前前後を示している.飯泉ほか(2010)

[プロジェクト一覧へ戻る]  [ページ先頭へ戻る]

[ページ先頭へ戻る]