ホームページへようこそ

安藤研究室では,フィールドや露頭,標本や試料など,自然の“もの”を対象として,観察眼や考察力を研ぎ澄ます教育を行っています.そして,その基礎を背景に,地層や化石から地球環境の変遷を復元し,生物・生態系の進化を探る研究に取り組んでいます.自然の中に秘められた情報を取り出し,それを地球科学的な視点や原理から紐解いていく楽しさを追求しています.

新着情報

2017年 10月 06日 Wiley Online Journal Island Arcの特集号「白亜紀の陸-海リンケージと生物進化:アジア-西太平洋域からの貢献」が出版中
2017年 10月 06日 日本古生物学会和文誌「化石」の白亜紀特集がこのほど完結しました.
2017年 10月 05日 理学部G棟1階の地球環境資料展示室に茨城県の「県の石」展示を追加しました.
2017年 10月 04日 茨城県北ジオパークの現地審査に安藤教授が参加
2017年 09月 11日 地球環境科学コース3,4年専門科目 「地球科学巡検I」 を北海道中央部で実施しました
2017年 08月 28日 第10回白亜紀国際シンポジウム(オーストリア・ウィーン)で大学院学生がポスター研究発表を行いました
2017年 08月 28日 第10回白亜紀国際シンポジウム(オーストリア・ウィーン)でIGCP608のセッションを世話人・座長として成功裏に開催し,野外巡検にも参加しました!
2017年 08月 02日 今年も茨城県小中学校教員のいばらき理科推進授業「実験実技研修」を担当し,高萩市の高戸小浜海岸を見学しました.
2017年 07月 23日 研究室・教室OBが卒業生講演会(+会社説明会)を開催しました
2017年 07月 21日 社会人博士後期課程学生の加藤太一さんが学研の図鑑LIVE「古生物」を監修
2017年 07月 10日 研究室のメンバー情報を更新しました
2017年 07月 10日 日本古生物学会和文誌「化石」の白亜紀特集号がこのほど完結します

過去の情報一覧はこちら

[ページ先頭へ戻る]